じゃらんじゃらん

じゃらんじゃらんとはマレー語でお散歩という意味。大好きなマレーシアやテニス、お仕事や大切な人達のこと、日常のどーでもいい話なんかをお散歩気分で書いてます。どなたでもお気軽にコメントしてください♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夕方、エニーさんが私の部屋にやってきた。
彼女はいわゆる「天然」で、とってもステキなひとだ。 

でも今日は、なんだか悲しそうな顔をしている。

部屋に迎え入れ、話をしているうちに
彼女は泣き出してしまった。


研修員6名のうち、エニーさんは唯一のクリスチャンだ。

イスラムの方々は、食事制限も多く、
また一日5回決まった時間にお祈りをする。

クリスチャンのエニーさん的には、
イスラムの人達と一緒に生活すること事態、とても気を使うのだ。

肉を食べたくても、日本食を試してみたくても、
一緒にいるとどうしても遠慮してしまうのだ、という。

どんなにみんなが良い人で仲良しでも、
どこかで疎外感を感じてしまう。

イスラム社会の中で生活していた自分も、
以前同じような心境になった事がある。

どんなに親密になっても、どうしても取り払えない
宗教間の最後の「壁」があるのだ。

これはもちろん、誰が悪いわけでもない。



マレーシアは多民族国家だ。

イスラムのマレー系、中華系、インド系、そして少数民族が
それぞれの宗教や慣習を尊重しあいながら、うまく調和しながら
暮らしている。
しかし、多民族国家だからこそ抱えている問題も根深く複雑だ。 



とりあえず話を聞き、気分転換に2人でたこ焼きを食べにでかけた。

朝ごはんにと、好物のタイヤキをやまほど買うと、
彼女はほくほくと嬉しそうな笑顔をみせてくれた。



夕食。

ひとしきり思いをぶちまけてすっきりしたのか、
エニーさんはとても明るく振舞っている。


今日は、「おっきい」が代名詞の、ヤンダさんの誕生日。

みんなが作ってくれたマレー料理と、
いちごのタルトとチョコレートのロールケーキでお祝いをした。

ヤンダさんは、やっぱり人一倍食べる。

負けてなるものか、と私もがんばったが、かなうはずがなかった。
胃袋のスケールが違いすぎる。 
完敗だ。


おなかいっぱい食べた後は、みんなで踊りの練習。
マレーの伝統舞踊の「スマザオ」をくたくたになるまで踊った。


よく食べ、よく笑い、歌い踊る彼女たちが私は大好きだ。
もちろん、文化や価値観の違いから、ムカッとすることも多々ある。

でも、好きという気持ちに、宗教も国境も関係ない。

彼女たちにも、日本のことを大好きになって帰って欲しい。

おどり

スポンサーサイト
コメント

うぅん。
今回のお題にはなんともうならせてもらいました。
ほんと、宗教とか、思想とかって難しいですね!

なかのいい友達でも、支持している政党が違うだけで、選挙のときとか、
そっちの方向の話題に入るとギクシャクしちゃったりした経験があります。

イスラム教は規律が厳しいから特に大変なんだろうなぁ。


2006/05/17(水) 00:06:16 | URL | さやか←げん #- [ 編集 ]

日本のような無宗教文化が良いと思うときもあるけど、宗教の教えによって「慈悲」や「道徳」が養われる面もある気がするし、宗教に無関心な犬にはなんとも。

イスラム教の研修生さんが、キリスト教のことを、また、クリスチャンのエニーさんのことをどう思ってるのか知りたいなぁ。
違う宗教の人と尊重しているのか、わりきっているのか、または、極論だけど排斥すべき宗教の信者と思っているのか。。。
そこから糸口が見つかる気もする。もし、気にとめていなかったり、尊重していてくれるんなら、エニーさんが食事のことなんかで気をつかっているのは、ひとりよがりっていうか、本当はいらない気を使っていることなのかもしれないし。気持ちはわかるけど。

最後に、よーちゃんに、「いわゆる天然」って言われるエニーさんって、もしかしたら、天然じゃないのかもよ。
2006/05/17(水) 14:29:11 | URL | 犬 #8Zcb/IVM [ 編集 ]

 うーん。本当宗教っていうのは難しいんだな~
普段宗教という概念がない世界で暮らしている
我々には分からん悩みやな。。しかし世界各地
では宗教の違いでテロや戦争が実際起こってる
し。。ねーさんもこれから色々な「壁」が出てくる
と思うけど頑張ってくだされ~
2006/05/17(水) 21:52:15 | URL | 米菌 #- [ 編集 ]

深い深いです。 
日本人は宗教ってものに対する意識が全体的に薄~い國だから他宗教に触れると、とても驚くこと、とまどうこといっぱいあるよね。 
違う宗教のその研修生さんたちがお互いどう考えているか、話してみたいよね。 
 
自分がホームステイでサンフランシスコに行ったときは、ホストは敬虔なモルモンだった。 
お土産にと持っていっていたお茶は飲めないとおっしゃる。 
宗教の規律でカフェインがだめだと。 
でも、私たちには気にせず好きに飲んでくれていいからと、笑顔で言ってくれた。 
私のはせっかくお世話になるのに『勉強不足』だったといえばそうなんだけどもね。 
実際リアルに異宗教に触れた瞬間ですた。 
 
お互いの違いを尊重しあう話し合いができればベストだね。 
がんばれ☆はに。 
2006/05/18(木) 12:35:29 | URL | 小 #- [ 編集 ]

とってもセンシティブかつ重たい話題を書いてしまい若干後悔していたのですが、にも拘わらず沢山のコメント・・・ ありがたや~(ToT)

>さやか v-441
うんうん、普段宗教とか政治の話ってあんまり友達としないもんね。なんかタブーな話題になってしまっている気がします。だから、いざこおいう話題になると、ぎくしゃくしちゃったりするのかなあ。
おんなじイスラム教でも、ものすごく敬虔な人もいれば、なんちゃっての人もいる。
こおいう人たちが混在したグループだと、また違う難しさがあったり・・・。 

>犬さん
するどいコメント、感服の至りであります。
宗教の是非は問うものではないと思うけど、
宗教の教えによって、道徳や慈悲の心が養われるのは、経験上間違いないとよーは考えまふ。
日本が失いつつある大切なものの一つなのではないのかなあ~、なんて。

マレーのイスラムの人たちは、もちろん考え方は人それぞれだけど、基本的にはみな「他の宗教を尊重する」と答えます。
私達が宗教を信仰しようと思わないのとおんなじで、彼らも何故イスラムを信仰しないのかが理解できないともいいます。
でも、決して押し付けたり、他の宗教を批判したりはしないでふね。 

研修員たちも、エニーさんの宗教を尊重し、気配りをしている場面も見受けられるので、私もエニーさんが必要以上に気にしすぎているのだと思ってます。でも、気にしすぎてしまう、社会的背景があるのも否めないのであります。

ちなみに、わたくしは無宗教。
こんなわたしが宗教の事をあれこれ書くのはナンセンスな気もしちゃったりしてます。むむー。

→よーちゃんに「いわゆる天然」って言われる・・・ v-519v-361
  イミガワカリマセ―ンv-506

>米菌 v-375
ほんとに無宗教の私には、理解不能な事だらけです。といっても、日本人は仏教が精神的なバックボーンになっているので、どっかで自分勝手に神様を信じてたり、拝んだりしてるんですけどね。
宗教というより、慣習だな、これは。 

次回の利き白米では、「米と世界平和の関係について」をテーマに熱く語らおうでわありませんかっ!(笑) 
米菌もこれからいろんな壁がでてくるかもですね。でも、新たな出発、希望がいっぱいデス☆
お互い、米米ぱわーでがんばるどーっ!!

>ハニー☆ 
お~、モルモンかあ~。モルモン教についてはまったく知らないなあ~。興味津々。
カフェインがダメって、かなり戒律厳しいのかな。
またえろえろ教えてにゃーっv-344

毎年、研修員とかなり突っ込んだ話もするのですが、今年はまだ様子を見てるとこかなあ。
機会を見つけて、またどっぷりと話し込みたいと思ってまふ。


みなさま、いつも励ましメール&コメント、ほんとにありがと~☆
2006/05/19(金) 00:22:59 | URL | よー #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://tanayoo88.blog66.fc2.com/tb.php/7-2400c909
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。