じゃらんじゃらん

じゃらんじゃらんとはマレー語でお散歩という意味。大好きなマレーシアやテニス、お仕事や大切な人達のこと、日常のどーでもいい話なんかをお散歩気分で書いてます。どなたでもお気軽にコメントしてください♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、ぷち遠出が続いている。

週末に、相方のじー&ばーちゃんに会いに淡路島へ行ってきた


淡路島のじー&ばーちゃんは、自分が理想とする老後の生活を送っている。

畑で自分たちが食べるぶんの野菜やくだものをつくり、
毎日のように2人仲良く海釣りにでかけては、おかずを調達しながら暮らしている。

75をすぎても車を運転していて、毎回あちこちへ連れて行ってくれるのだが、
ドライブの最中、2人でずーっと漫才のボケツッコミのような会話をしている。 
じー&ばーちゃん


今回は、朝市とたこせんべいの工場、そして淡路牧場に連れて行ってもらった


朝市では、「たけのこの天ぷらが食べ放題やから」

たこせんべいの工場では、「せんべいが試食し放題&コーヒー飲み放題やから」

淡路牧場では、「牛乳が飲み放題やから」 

といって連れてってくれたのだが、帰る頃にはお腹ぽんぽんだった。

 
中でも面白かったのが、淡路牧場。 
生まれて初めて、「牛の乳搾り」を体験した
乳しぼり

牛のおっぱいは、あったかくて、なんともやわらかくて、ちょっと感動した。 
今でもその感触が、はっきりと手に残っている。
  
ばーちゃんに、「お乳やる練習やな」と言われたが、なんかちょっと違う気が・・・。 


相方は牧場にいた黒ブタがいたく気に入ったようで、ずーっとぶーちゃんに見入っていた
クロブタ


色々連れていってもらって、果たしてこれがじー&ばーちゃん孝行になっているのか
どうかはよくわからないが、今度は早くひ孫の顔を見せにいきたいなあ
スポンサーサイト
今月頭に植えたトマトが、キレイな黄色い花を咲かせた

トマト

収穫は7月ごろかな。
早く食べたいよぅ。

食べられるものを育てるのは、花よりも数倍ワクワクするし
自然とこまめに面倒を見たくなる。


そういや友達が家にきたとき、飼ってる魚たちを見て

「これ晩御飯のおかずにするんやろ?」 と言っていた

確かにドジョウ氏は、うちにきた当初と比べると、
丸々と太って油がのり、たいそう美味しそうである
 
かたくり粉をまぶしてカラッと揚げたら・・・

dojyo.jpg


なんて、ふと頭によぎってしまう自分が怖くなる今日この頃である。
翌朝、7時ごろに目を覚ますと雨がやんでいた

そんなわけで、お気に入りの露天風呂へふたたび直行!
2人しかいないときを見計らって、ぱしゃぱしゃ写真撮影。

と、オイロケ写真を撮るつもりが、Aちゃんの後ろ姿を撮ってて新たに発見したことがあった。

ものすごい、いい背筋をしている・・・

背筋だけでなく、上腕二頭筋も腹筋も美しい。 
Aちゃんのテニスの上達の成果がこんなところに現われていようとは。 

筋肉フェチの私は、思わず萌えてしまった...

 
一時間ほどお風呂で癒された後は、朝ごはんをがっつり食べ、なぜかお互いの洋服を交換。
そして、今回の旅行のメインイベントである、「エネルギーランド」へいざ出発?!! 


「白浜エネルギーランド」は地元民から「エネラン」という愛称で親しまれている、
楽しく体験しながら人と自然のエネルギーを学べるアミューズメントパークである。

田舎のアミューズメントパークのさびれっぷりを楽しも?っ
と2人でバカにしてたら、かなりワクワク心をくすぐるアトラクション満載の素敵な場所だった

中でも
●おもしろ写真がいっぱい撮れる「トリックアートの部屋」
トリックアート
巨人になったAちゃん?!
こけた??
階段から落ちました?! 
 
●家の中が18度傾斜しててまっすぐ歩けない「ミステリーハウス」
まっすぐあるけない?

●仕掛けがいっぱいのアスレチック迷路「エネゴン城」
●ちんちくりんORひょろながに見える「マジックミラー」 
どらえもん?

なんかがめちゃ面白かった?
かなりオススメスポットなので、白浜方面へ行かれたときには是非寄ってみてください。

たっぷり3時間ほどエネランを満喫した後は、三段壁(観光名所のわりには高いしイマイチだったが...)
とお土産センターへ。

そうこうしてるうちに、帰りのバスの時間がやってきてしまった

「まだ帰りたくない?っ」と、ダダをこねながらも帰路につく2人。
遊び疲れて、バスの中で爆睡してたのはいうまでもありません    
お友達のAちゃんと2人で白浜旅行にいってきた

2ヶ月かけてやっていた大きな仕事を納品できたご褒美と、
「妊婦の間にとにかくいっぱい遊んでおくように!」
という、子持ちの友人たちのアドバイスもあったので、今のうちじゃんじゃん遊ぶことにしたのだ。


出発当日は、見事などしゃぶり・・・
どうやら私が雨女ぶりを発揮してしまったようだ。

京都駅からバスに乗り込み、約4時間
しゃべくってるうちにあっという間についた。

まずは、ホテル近くのお土産やさんで昼食をとる。
注文したおじゃこ丼ならぬ、「しらす丼」。
しらす丼

しらすは高いのであまりスーパーで買わないのだが、新鮮なしらすがどっさりのってて800円。
超美味しかった?。梅ごまをかけて食べるのがまたいい。

でも、お味噌汁になぜか2人が大嫌いな「しいたけ」だけがいっぱい入ってて、
「味噌汁にしいたけ入れる意味がわからんっ!」と2人で憤慨しながら、よけよけして食べた


今回のお宿は、「安くでお得な旅がしたい」「海の見える露天風呂」というテーマをもとに、
Aちゃんが湯快リゾートの「ホテル千畳」を予約してくれた。

宿泊と夕食&朝食(ともにバイキング)がついて、7800円
(湯快リゾート専用送迎バスは、京都駅⇔白浜往復で、たった3000円) 

しかも、ホテルの部屋はすごい広くてきれい
ホテル内には、カラオケボックス、マンガコーナー、マッサージチェア、卓球コーナーがあって、
驚くことに、全部無料で楽しめる (カラオケは19時まではタダ!)
mannga.jpg


温泉はかけ流しの天然温泉で、大浴場はまあフツーだったけど、露天が最高

こんなにサービスして、7800円でやっていけるんですか?って心配になるくらいだが、
平日にも拘わらず、宿もバスもじーちゃんばーちゃんで満員だった。

お部屋でまったりしたあとは、カラオケで熱唱
Aちゃんは3年ぶりのカラオケとのことだったが、どうやらこの日火がついてしまったらしく、
来週も2人でカラオケにいくことになった(笑)

歌ったら汗をかいたので、お次は露天風呂へ。
大浴場と別の場所にあるので、なんでだろ?と思っていたら、
なんと海の側の崖の上にお風呂はあった。
露天風呂

眺めがサイコーにきれいで、波の音が聞こえて、お湯もよくって・・・
今まではいった露天の中でも、かなりいいお風呂だった。
小雨だったからか、誰も入ってこなくて貸切状態だったし


ほかほかになった後は、マッサージチェアに座りながら、マンガを熟読。

そうこうしてるうちに、お腹が減ってきたので夕食へ
行った時間が遅かったので、バイキングなのにお皿が空っぽになってるものも多く、
ちょっと悲しくなったが、店員さんに言ったらいろいろと出してきてくれた。

お寿司やお刺身、郷土料理のほか、ハンバーグとか子供の喜ぶメニューやドリンクバー、
デザートもいろいろあったので、家族連れにはもってこいだと思う

お腹いっぱいになったら、お部屋でまったりしながら夜中までおしゃべり。
テニスについての熱い会話や、だんなや家族のこと、今までの恋愛のこと、
仕事のこと、友達のことなどなど・・・ 
Aちゃんといるといつも、面白いことに何時間もずーーーっとしゃべってるが、飽きることがない。

そんな感じで、楽しい一日目の夜が更けていった
日曜日に、平野神社でテニスサークルのお花見があった。

毎年、なぜかどしゃぶりになるサークルのお花見だが、
今年は快晴 しかも桜は見事に満開だった
誰かすごい「晴れ男OR女」がいたのかなあ?。

お花見08?2


毎年、みんなで食べ物を持ち寄るのだが、私はおいなりさんを、
相方は先日の料理教室で習ったばかりのインドネシアのお菓子を作っていった。

おいなりさんは、私の母直伝の味。 

「好きな食べ物は?」と聞かれると、間違いなく「母のつくったおいなりさん」と私は答える。 

美味しいおあげを使うのがいちばんのポイント、ということなので、
相方に北野天満宮の向かいにある、「とようけ茶屋」まで買いに行ってもらった。
(正しくは、昼寝しているところを無理やり買いにいかせた...


みんな、手作りのサンドイッチやお寿司、チャーハン、キッシュ、ケーキ、
きなこもちなどを持ってきてたり、美味しいお店でおやつを買ってきてたりと、
ご馳走が並ぶ光景に思わずコーフンしてしまった
どれもこれもすんごい美味しくて、桜もキレイで、お腹の子も大喜びでした

お花見08


途中、リーダーの考案で、「桜」をお題に1人ひとつづつネタを話す、というのをやったのだけど、
桜にまつわる思い出を話したり、お花見スポットを紹介したり、
緊張したけどなんだか新鮮で、すーごい楽しかった?

お花見08?3
先日、相方と一緒にインドネシア料理教室に参加してきた

これは、国際交流センターとインドネシア友好協会が共催している料理教室で、
留学生や京都在住のインドネシア人の方が講師として教えてくれる。
この日はお友達のナジさんもボランティアで講師をしていた。


今回習ったメニューは3つ。

●ビーフンゴレン...いわゆる焼ビーフン。なぜか、和風ちっくな味付けにアレンジされてた。
           インドネシアの味が食べたかったんだけどなあ?。
masakan indonesia 2

●クエ・ラピス...和菓子のういろうのような食感の、ココナツミルク風味の蒸し菓子。
          生地に色をつけて、ひな祭りのひし餅みたいにしましま模様にする。
masakan indonesia 1

●ジンジャーミルク...ミルクセーキのしょうが入りドリンク。スポーツ前や風邪のときに飲むといいらしい。
masakan indonesia 3


どれもすごい美味しかった?
週末のお花見に作ってもっていこうかな?


インドネシア料理の他にも、不定期で色んなお国の料理教室が開催されている。
料金は教えてもらった後に、作ったものをたっぷり食べれて、1500円くらい。
5月25日には、本格タイ料理教室も行なわれる予定。(参加費2500円・要予約)

結構おトクなので、興味のある人は国際交流センターのHPなんかを見てください。
各国料理のレシピも載ってますよ。http://www.kpic.or.jp/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。