じゃらんじゃらん

じゃらんじゃらんとはマレー語でお散歩という意味。大好きなマレーシアやテニス、お仕事や大切な人達のこと、日常のどーでもいい話なんかをお散歩気分で書いてます。どなたでもお気軽にコメントしてください♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイトルの通り、私は入籍し、名字が変わった。


日本人の3大名字にランクインする 「田中」 だった私は、
変わりどころの 「長西」 という名前になった。


変わってからというもの、

「おさにし」

とちゃんと呼んでくれた人は、実に0%である。



買い物をしているとき、レストランで順番待ちしてるとき、
役場や病院など、いたるところで


「ながにしさーん」


と呼ばれる。



電話口では、「おさにしです。」 というときまって


「も、もさにしさん?」

とか

「ほさにしさん?」



とかいわれる始末だ。


シャチハタのはんこですら、どこのはんこ屋にいっても
売っていないので、わざわざ作ってもらわなければならない。


今まで30年間もこんな苦労を乗り越えてきた相方は
さぞかし大変だったことだろう。





ちゃんと呼んでもらえないのはともかくとして。

名前が変わるということは、結構不便である。



職場、銀行、郵便局、役場、クレジットカード会社、
デパートなんかの会員カード、病院などあらゆるところで
氏名変更の手続きがいる。

めんどくさくて、旧姓のままほったらかしているものも結構ある。

めんどくさがったがために、ムダな時間をくってしまったりすることも少なくない。


そのくせ、これまでどこにでも転がっていそうな名前だったもんだから、
風変わりな新しい姓になったことに対して、ちょっと得意気になってたりする自分もいる。





そういや高校からの友人である「卯田真季(うだまき)」ちゃんは、


「私は、伊達さんと原さんと、牧さんという苗字の人とは絶対に結婚しない!」

と、昔から繰り返し語っていた。 


「だてまき」 と 「はらまき」 はともかく、 「まきまき」 はいただけない・・・。


だからといって、名前のごろなんかで結婚相手を選ぶわけにはいかないのだから、難しいもんである。
スポンサーサイト
またこの時期がやってきた。

考えただけでも、ゾッとする日々が始まってしまった・・・。

その反面、わくわくしている自分もいたりする。

やっぱり私はMらしい。


それはさておき。

実に半年ぶりのブログ再開である。

再開といっても、この一回きりの更新で終わってしまうかもしれないが
とりあえず書いてみようという気になった。



先日9日、今年も6名の研修員がやってきた。

全員女性で、上が33歳、下が25歳と
これまでになく、若いグループだ。


ちなみに、今年は2人、すんごい参加者がいる。

何がすんごいかというと、

ハンパじゃなく、でかい。

横に。


一人は100キロ、もう一人は111キロあるらしい。

彼女たち2人の日本滞在中の目標は、

ダイエット

100キロのリザさんは、目標88キロ。
111キロのザリナさんは、目標80キロだそうだ。

帰国する日が楽しみである。

ザリナさん


2人ともおっきいので、運動はニガテなのかなあと思いきや、
結構スタミナはあるし、踊りが得意だ。

たっぷりついた腰まわりのお肉をぶるんぶるん震わせながら、
とっても上手に踊るからたいしたもんである。

「そんなけ太ってるから、運動なんてできないでしょ」

とか言われるのがすごく嫌いらしい。

言われれば言われるほど、

「ムキーッ、やってやる?っ!!」

って、燃えるのよね?と熱く語っていた

そのくらいの気合がなくちゃ、日本での研修はこなせない。

太っている事もネタにして、みんなをいつも笑わせてくれる、
そんなステキな人たちである。 



今日。

研修がお休みだったので、みんなでお買い物にでかけた。


リザさんとザリナさんは、アディダスのウォームアップが欲しい
といったので、スポーツ店に連れて行った。


まずXLを試着してみる。

・・・入らない。

ならば3L。

・・・これまた入らない。 


お相撲さんやでっかい人たちは、いったいどこで服を買っているのだろうか?

こんだけ体に合う服や靴がそこいらに売ってなければ
きっと不便この上ないだろうに。


そんなわけで、私がネットででかいサイズのスポーツウェアを探して
あげるハメになってしまった。 



そして、金沢城を案内していたときのこと。


城の中に入り最上階にある小部屋まで上ると、
誰もいなかったのでみんなでごろごろ休憩していた。

111キロのザリナさんは、自分のリュックをまくらにごろんとしていたのだが、

「写真とろ?」

っと、むっくり起き上がってカメラを構えるやいなや、


ぶひゃーっ○×☆△ДΘ!!

と、ものすごい叫び声をあげた。 


何事かと近寄ると。


彼女のデジカメの液晶が、見事に割れていた。 

デジカメ


どうやら頭の重みで割れてしまったらしい。

それまで超ご機嫌さんでハイテンションだったザリナさんは、
一転してウツに入ってしまった。 

先行きが不安である・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。