じゃらんじゃらん

じゃらんじゃらんとはマレー語でお散歩という意味。大好きなマレーシアやテニス、お仕事や大切な人達のこと、日常のどーでもいい話なんかをお散歩気分で書いてます。どなたでもお気軽にコメントしてください♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Kヨちゃん。

彼女は、ダウン症という知的障害を持っている。

高校まで養護学校に通っていて、卒業後うちの授産施設
(=障害者への就労支援を行う施設)にやってきた。

彼女と仕事をするようになって、かれこれ4年になる。


Kヨちゃんは、ちっこくて、ぷくぷくしてて、めちゃ可愛い。

わたしは、うちの製パン部のメンバーは基本的にみんな大好きだが、
特にこのKヨちゃんがお気に入りだ。

どんなに仕事が忙しくても、しんどくても、
彼女がいるだけで、なぜか癒されてしまう。

製パン部の大切なムードメーカーだ。


Kヨちゃんはカスタード作りの達人。

4年前は、計量もできない&カスタードをいつも焦がしてしまう、
といった状況だった。

それがいまでは、すべてひとりでパーフェクトにこなす。

彼女が作ったカスタードを使ったパンはどれもとても人気がある。


そのほか、「エピ」という麦の穂の形をしたバケットの成形が得意だ。

以前は、ちょっと目を離すと、鉄板に入りきらないくらい
ひょろ長いパンになってしまうこともしょっちゅうだった。

何度教えても、「あんた、それわざとやってるでしょ?」
と思ってしまうくらい、なかなか直らなかった。

もちろんそのパンは、お店には並ばず、
お昼ごはんとして、いつも私のお腹におさまっていた。 

が、いまでは全部同じ形・適度な長さに成形できる。

焼き菓子の計量や包装も、誰よりも早く、正確にこなせるようになった。

もちろんその背景には、職員が何度も何度も、
あの手この手を使ってサポートしてきた、という苦労話もあるのだが、
彼女の意欲や吸収力の高さはすばらしいものがある。 


Kヨちゃんの口癖は、「ゆるされる?」。

たまにうっかりぶつかってしまって「ごめんっ!」と謝ると、
にこにこしながら

「ゆるされる?」と、言ってくれる。

あ?、癒される・・・。


それからいつも、「Tさん、だいすき!」とか
「かっこいー」(?!)とかいって、
ぎゅむぎゅむ抱きついてきてくれる。 

すると、私の背の半分くらいしかないちっこい彼女を、
私はめいいっぱいぐりぐりして愛情のお返しをする。  


愛想がいいもんだから、お客さんにも大人気だ。 

でも、同じダウン症のCえちゃんにはライバル意識むんむんで、
露骨ないじわるもする。これはまったくもって、たちが悪い。 



また、自分の世界に浸ることも多い。 

今でこそなくなったが、以前は仕事終わりに掃除をしてもらっていると、

「わたしはかわいそうなシンデレラ?」

といいながら、しくしく泣いていることもあった。 
彼女には申し訳ないが、これにはめちゃくちゃウケた。


最近は、よく彼女の隣にいるであろう誰か(私たちには見えない)と、
ケタケタ笑いながら、すごく楽しそうに話をしている。

いつも幸せそうで、心から仕事を楽しんでいる彼女を見ていると、
忙しさでトゲトゲした心が自然と丸くなる。 

Kヨちゃん

私の手で遊んでいるKヨちゃん。


4月から、障害者自立支援法という法律が施行された。

これまで施設で様々な支援を受けてきた障害者は、
一律10%の利用料負担が課せられることになった。

授産施設においては、ただでさえもらえる工賃が安いのに、
もらっている給料よりも多くの利用料を払わなくてはならない、
といった理不尽が生じている。 

自立を支援する、という名目の法律であるにも拘わらず、
自立生活を目指してがんばっている多くの障害を持つ人々にとっては
死活問題になってきている。 

日本では、知的・身体・精神の障害を持つ人の割合は全国民の約5%、
そして高機能発達障害などの軽度の障害者をも含めると、
国民の約1割がなにかしらの障害を持っている、
といわれている。

しかし、一般的に健常者と言われる私たちは、
日常生活において障害者と接することもなければ、
こうした人々の現状も知らない。 

私も、この仕事に携ってなければ、
障害を持った人々と深く接する事はまずなかっただろう。

この背景には、過去に莫大な数の大型入所施設や養護学校を
どかどかと建設し、そこに障害者ばかりを集めてきたという、
歴史がある。

ここ十数年は、日本政府もこの失敗を大いに反省し、
障害者を地域に帰そう、という施策を打ち出し、試みている。

が、一旦障害者のいなくなった社会に、障害者を戻す、
ということは容易なことではない。

特にソフト面において、社会が障害者を受け入れ、
支援できる状況が整っていない。

この点においては、マレーシアはじめアジア諸国は
ある意味進んでいるといえる。

福祉にかけるお金がないからこそ、地域でなんとか障害者を
支援していけるしくみ作りに、地域ぐるみで取り組んでいるからだ。


日本の教育の場では、統合教育や包み込み教育といった、
障害児達を、養護学校ではなく、一般学校の中で、
それぞれの能力や状況に応じた教育・支援を行なっていこう
という取り組みが、最近では増えてきている。

障害児たちもがあたりまえに地域で学校生活を送ることよって、
なによりも健常の子供達が、障害について、そして障害児たちが
必要としている支援について、自然と学ぶ事ができる。

そうした実践が、どこの地域でも行なわれる事によって、
将来社会人になったときも、普通に障害者や高齢者などを
受け入れられる社会が形成されるのではないだろうか。


障害者に限らず、人は元気な人ばかりではない。
だれもがみな弱い部分を持ち、得手不得手があり、
互いのそれを理解しあい、認め合い、
支えあって生きていく必要がある。

これは偽善ではなく、人として、あたりまえの事なのだ、
と私は信じる。

ある意味、日常生活において障害を持った人々と接する機会が皆無だ、
という今の社会は異常な社会なのではないか、とさえ私は感じている。



Kヨちゃんの話に戻る。

 
彼女のもつ特徴に対する理解と、適切な支援さえあれば、
彼女は一般企業で就労できる、と私は本気で考えている。

彼女だけではなく、他の利用者たちにも当てはまることだ。

障害者ばかり集められた異質な授産施設という場所で、
安い工賃しかもらえない今の状況に縛り付けていてはいけない。

もちろん本人や保護者の意思が最優先だが、 
彼らの持っているものを活かせる場所を開拓し、
少しでも多くの収入を得て、親なき後も施設の中ではなく、
地域で自活できるような基盤をなんとか作っていきたい。 

しかしこのご時世、障害者にとって一般就労は、とにかく難関だ。
仕事の出来云々よりも、職場での人間関係が最大のネックとなる。


そのため、うちの施設独自で障害者の雇用を生み出していく、
という新たな事業を始める。 

具体的な解決にはならないかもしれないが、
とにかく前に進まなくてはならない。 

より多くの可能性や選択肢を提示していくこと、
障害を持った人々が、周りの人々から必要な支援を受けながら
暮らしていけるよう、地域社会の理解を促していくこと、

これが最大の課題だ。



課題は山積みだ。

なのに、目の前の業務をこなすのにいっぱいいっぱいになってる
日々に、ただ焦るばかりだ。

テニスだってしたいし、休みにはしっかり遊びたいとも思う。


福祉は、結果が出るまでにとても時間のかかるものだ
ということは分っている。

それでも、具体的な目に見える結果が出せていない自分に、
やっぱり腹が立ったりもする。 
スポンサーサイト
今日、帰宅すると私宛に一通の手紙が届いていた。


なんとなく、どきどきしながら開封すると・・・

な、なんとっ!!

アジカンライブのチケットげっとぉ?っ!!


の、お知らせだった。

わーい
1月とまだだいぶん先だけど、
アジカンのライブは初めてなので、楽しみだな?☆

それもこれもみんな、おねーさまのお陰です。
ねーちゃん、ありやとー 

ちなみにぱー子の姉と姪っ子は、
私も顔負けのアジカンファンでございます。 



私は基本的に、どんな音楽でも、耳に心地よければ聴く。

中でも、Carpentersとかthe Corrs、ENYAや
ボサノバなんかの癒し系のをイチバンよく聞く。
朝も夜も、なんとなしに流していても、耳障りでないからだ。

邦楽では、平井賢とかゆずとかスピッツが好きだな。


でも、なぜかこの1年くらいは、アジカンをよく聴いている。


学生時代は、今より激しい性格だったので(笑)、
Bette MidlerやJanis Joplin、Beatles、Bon Jovi、
Deep Purpleなんかが大好きだった。
ブルーハーツのコンサートもよく行った。


基本的には、のんびりまったりが好きだけど、
きっと私の中でどこか激しい部分もあるんだろな。



そういやこないだの朝までカラオケの時は、
Pヨとアジカン熱唱して気持ちよかったなー。
Pヨさん、次回は是非ともリライト、お願いしますね

米菌のドラゴンボールやKさんのカガーワ、
MりんのB'zも最高でした。

ハニーとKむーは、歌上手すぎっ

そしてそして。

小力がまた見れて、感無量?っ
肝心のハニー☆は喜んでくれたかな?? 

ジョジョンの入念な下準備にはうならされました。
フルメンバーではない&即席だったとはいえ、
素晴らしい出来でした(笑)
小力のみなさま、ほんとに乙でした☆ 


また、みんなでわいわいやりたいものデスね
最近気づいたこと。

それは、私は自分で思っていたよりへなちょこである、
ということ。


金沢に引き続き、再び寝込んでしまった。

今は抗生剤と鎮痛剤が利いてる様で、
ちょっと体と頭を起こすために、これを書いている。



どうやら、最近の自分には、疲労のボーダーライン
ってのがあるらしく、それを超えてしまうと
眠っているウイルスが暴れだすらしい。


これまでは、どんなに無理をしても
眠ることで大概バランスがとれていた。

テニスや仕事を通じて、かなりの体力をつけることも
できてたように思う。


が、最近では過剰な無理はきかなくなってきたようだ。

こんな書き方をすると、おばちゃんみたいで悲しくなる。

が、どうやらうまく付き合っていかなくてはならない、
現実らしい。 


私は昔から、やりたいことに関しては、
異常なまでに自分をこきつかう。らしい。(友人&家族談)

昔からの私をよく知るさやかには、

「今更何言ってんですか。
 今頃気づいたんですか。」

と笑われそうだ。


金沢では、寝込んだところで、頭を使う仕事だったため、
なんとかやるべきことはこなせた。

が、今の仕事は体が資本。
体がいうことをきいてくれなければ、お話にならない。

無理をしたことで、結局は職場の同僚に迷惑をかけてしまう。


体調を崩して弱気になっているせいかもしれないが、
自分のへなちょこさに、凹む。 

テニスだけでなく、自己管理に関しても、
もっと大人にならなくては、

と痛感している。


うー、納豆食べるであります・・・。 
ついにやりました!

納豆、食べられたんですっ!!




先日ブログに書いてから、なんとなく強迫観念にかられて、
早速友人宅で挑戦することに。


この友人、大のナットウ好きで。
殆ど毎日食べているらしい。


で、今回試したのはこのナットウ。

natto


Pロちゃんから、しそ味のたれがついてるやつがいいよ?って
きいたので、早速購入。 

直接舌につくのがイヤだったので、
友人の提案で手巻きにする事に。


恐る恐る、口に入れてみる

「ぱくっ。」

んん?

あれっ?! 

苦くない!!! 

思ったよりもマイルドで、海苔のお陰で舌に直接苦味がこない。

海苔からはみ出したはしっこの部分を食べたときには、
やっぱり「うっ!」ときたが、とにかく食べられた!! 


「うっ!」

とくる感覚は、しいたけのそれより、全然ましだった。 



なんと、手巻き2本分食べちゃいました 


でもさすがに、自ら好んで「食べたい?」とはまだまだ思えない。

とりあえずは一週間に一回から、始めて見ます。



あー、うれしいな? 

なんだかちょっぴり成長した気分。

今度は犬さん案の、野沢菜入れて試してみよっと。
ちょっと間があいてしまったが、城崎2日目。


朝は、宿で朝食を摂った後、
2人が昨夜見つけて気に入ったジュースバー「菜果」へ。

ここでは新鮮なフルーツをふんだんに使った生ジュースが飲める
夜22時半くらいまで開いているのも嬉しい。

お風呂に入った後なんかに飲んだら、とっても体に良さそうダ。

juice



Hは小松菜やしそがたっぷり入った野菜ミックスを。
私はマンゴー&オレンジを注文

飲みながら、

「温泉街ってどこかさびれてて、
働く人たちの殆どが高齢者だったりするけど、
城崎は若者が沢山働いてて活気があるなあ?」

なんてハナシをしておりました。

このジュースバーのおねーちゃんたちも、
若くておしゃれな感じの人だった。

きっと、自分たちの町を誇りに思っている人たちが多いんだろな 



ジュースで潤ってから、「一の湯」でまたまた温泉で癒され、
今度は「玄武洞」へと向かう。

城崎からタクシーで走ること、約15分。

ふもとに着いてから、うだるような気候の中、緑の生い茂る山道を
よいしょよいしょと10分ほどひた登る

「つ、ついた・・・」


玄武洞を目にして、2人とも、息を呑む。

genbudo1



玄武洞は、国の天然記念物で、160万年前(!!)の噴火で
流出した溶岩が急速に冷えて固まったもの。


六角形の玄武岩が積み重なった柱状節理に圧倒される。

このすごさはとても写真や言葉では表現できないが、
とにかくスゴイ。

160万年の歴史を考えると、ちょっと鳥肌が立った。 

中国4千年の歴史なんかより、うんとスゴイではないか。

genbudo4




5つある洞窟をたっぷり堪能した後は、
そばどころの「出石」を目指すべく、まずは豊岡へ。

豊岡へ着いた後、出石行きのバスを探す。
が、運悪く出てしまったとこだった

のんびりぼや?っとしている、全く計画性のない二人だから
いたしかたない。


気を取り直して、豊岡でも出石そばが食べられるお店へ。

「35皿たべました!」「今度は60皿に挑戦!」
とか書かれた色紙が店内所狭しと貼られてある。

闘争心に火がつく

皿もりのそばは、暑い時期にはもってこいで、
つるつるとお腹へ入ってきた。

が、しかし。

大食漢のHも私(?)も、なんとたったの10皿で
お腹がいっぱいになってしまった。

不甲斐ないであります・・・。

ラビの大喰い達なら、一体何皿いけるだろう?? 

ラビメンバーで、出石に行けたらなんだか楽しそうダ 
今朝は4時起き出勤だったのに、なぜか眠れない

体が疲れすぎてるのかなぁ。 

いつでもどこでもぐっすり眠れるのが自慢だったのに・・・。


そんなわけで、重い体を起こし、ぼや?っとブログを書いている。



今日は「納豆」について。 


納豆。


しいたけに負けず劣らず、私はコイツがニガテである。 


これまで生きてきて、過去に3回挑戦したことがある。

食べたときの形状は、?ナマ?てんぷら?チャーハン

いずれも、一口でアウトだった。(ナマは一粒)


におい、味、見た目。
すべてにおいて、全身が受けつけない。



でも、これほど毛嫌いしてるのに、何故挑戦するのか?


それは、納豆のそのすばらしさを重々理解しているからだ。


しいたけなんぞ、食べなくても他の食品でその栄養素が十分補える。
しかし納豆の効果は計り知れないものがあるのだ。



まずは、『骨を丈夫にする』効果 


現代人の多くはカルシウム不足だが、私は骨密度が平均値よりも低い。
母が骨粗しょう症であるため、私は予備軍だ。

昔から牛乳を1日約500?1リットルは飲んでいる。
魚も中心のでっかい骨以外は全部食べる 

が、もともとカルシウムを吸収しにくい体質なのだろう。

そんなわけで、2年ほど前からサプリメントを摂るようになったが、
このサプリメントとやらを私はあまり信用していない。 



カルシウム不足を補うためには、納豆に大量に含まれているビタミンK2を取る必要がある。

このビタミンK2が、骨を丈夫にしてくれる。


特記すべきは、ビタミンK2を取ることができる食品は「納豆」しかない、という事。

ビタミンK2は本来、人間の腸内にある大腸菌が作り出しているもの。

年を取ると骨が脆くなってくるが、これは加齢によって菌の働きが低下し、
ビタミンK2が作れなくなったことが原因である。

納豆菌は、人間の大腸菌と同じように、ビタミンK2を作り出す働きがある。


驚くべきことは、納豆菌は、大腸菌の7倍以上のビタミンK2を作り出してしまうのだ



その他、納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」も、数ある食材の中で納豆だけが含む酵素である。

これは、血液を固まりにくくし血液の流れをサラサラにする。

ということは、脳卒中や心筋梗塞、動脈硬化など生活習慣病予防に役立つ。


また、『イソフラボン』は、女性ホルモンに働きかけ、骨粗鬆症の予防以外に、
美肌・美白の効果があるされている。



嫌い嫌いといいつつも、納豆はまさに私にとって夢のような
「あこがれの食材」なのである


ナットウキナーゼのサプリや粉末なんかも市販されているが、
私は体に必要な栄養素は、なるべく食べ物から摂りたい。



そこで。

誰か、納豆を美味しくもりもり食べられる方法を教えてください。

もしくは、抵抗なく食べられそうな、美味しい納豆の種類を教えてくださーい
友人Hと、一泊で城崎旅行にでかけた。

2人とも大のお風呂好きである。


京都から電車に揺られること2時間半。

道中、友人Hは日ごろの激務で疲れているのか、ほとんど寝ていた。

私も顔負けの見事な寝っぷりである。 



城崎に着いた頃には、私のお腹は限界に達していた。

「な、何かお腹にいれなくては、動きが止まってしまう・・・。」 

着くなり二人は、昼ご飯にありつける場所を探した。

城崎といえば、魚か但馬牛! 

悩んだあげく、「城崎ビール&ダイニンググビガブ」で
但馬牛ステーキ丼を食べることに。 

但馬牛は、ありきたりな表現であるが、とっても美味しかった。

しかし、いわゆる牛丼に「2400円」分の
喜びと感動を得られたかというと、
私は素直にYesとは言えない。


その後、ひと晩お世話になる宿「川口屋本館」へ。
昔ながらのこぢんまりとした温泉旅館だ。 

特記すべき点は、ここの貸切風呂。 
ヒノキの香りが漂う、とっても情緒あふれるお風呂で
横にたたみの休憩室が備えられているのも非常にイイ。 


城崎の温泉宿では、浴衣が借りられる。 

浴衣を着て外湯めぐりするのが、城崎の楽しみの一つだ。 

何種類かある浴衣から好みのものを選び、
いそいそと着替えて町へくりだす。

浴衣を着るだけで、なんだか風格がでるから不思議なものだ。
(私は中身は全く伴っていないが・・・)


城崎には7つの共同浴場(外湯)があり、それぞれにご利益がある。


まずは、いちばん町外れにある「鴻の湯」へ。

ここは、1400年前に、コウノトリが足の傷を癒していたことから
発見されたとされる温泉発祥の地、らしい。
ご利益は、「夫婦円満と不老長寿」 

kounoyu

kounoyunaka



ぬるっとした泉質の温泉で、まったりしあわせ気分を味わった後は、
鴻の湯のすぐ向かいにある温泉たまごの湯壷があるCyayaへ。

網に入って売られている3個入りの生卵を購入し、
店先にある湯壷へつける。 

onnsenntamagoba


ゆであがりを待つ間、すぐそばにある足湯を楽しむ。

ashiyu


約10分ほどで温泉たまごができあがる。

たまごカッターなるもので、たまごの上部を割りはずして
スプーンでいただくのだが・・・

「ぐちゃっ!!」

という鈍い音の方を振り向くと、ゆであがったたまご袋を
地面に落っことして、途方にくれている友人Hの姿が目に入った。 
 
kudaketatamago



私たちは一瞬ひるみながらも、

「割る手間がはぶけたよねー」

などと言いながら、ポジティブシンキングでたまごを食す。

tamago


こ、これは、やばいっ!! 

美味しすぎるっ!!

こんな美味しいたまごは食べたことがないっ!!! 

友人Hと思わず感嘆の声をあげる。

たまごが非常に濃厚で、
温泉水に含まれる塩分がいい感じで浸透している。

恐るべし、温泉たまご・・・。 



たまごでお腹を満たした後は、「まんだら湯」へ。

温泉寺の開祖、道智上人の一千日祈願によって湧出した
「一生一願の湯」、らしい。

ご利益は「商売繁盛と五穀豊穣」 

manndarayu


ヒノキの露天桶風呂が、苔の生した岩壁に面して配されており、
マイナスイオンをいっぱいに浴びながら湯につかる事ができる。


お次は、「御所の湯」
昨年新築オープンしたばかりの湯所である。
ご利益は、「火伏防災と良縁成就」

京都御所をイメージした建物やたたみの休憩所、天空風呂、
自然石を配して滝に見立てた露天の御所庭、ミストサウナなど
風呂好きにはたまらない要素が盛りだくさんだ。 

goshonoyu

goshonoyunaka


古さから醸し出される情緒には若干欠けるが、
私たちはここのお風呂がいちばん気に入った。 


その後、宿へ戻って貸切風呂を楽しみ、またまた町へと繰り出す。

夕食は、地元の食材を使った豊富なメニューが売りの
「平八郎」という居酒屋へ。

ここでの大当たりは、「地鶏のたたき」と「たまごのてんぷら」。

heihachiro


城崎では、魚や但馬牛よりも、

「たまご」にしてやられた、といった感が強い。



夕食後は、城崎名物?射的とスマートボールでHと勝負っ!! 

城崎にはレトロな遊技場が5件ほどあり、
どこも浴衣に身を包んだお客でにぎわっている。

shateki

射的。10発200円。 

「どーしよーコレ・・・」と、もらっても使い道に悩んでしまうような景品ばかりだ。

以下は私たちの戦利品。 

sennrihin


 
smart ball

スマートボール。50球200円。 
パチンコを横にしたようなもの。
おばちゃんが裏で球を補充する。


勝負の結果、私は友人Hに惨敗してしまい、
翌日の昼食をおごるハメに・・・。 

「いつかやってやる!」

という熱い闘志を胸に、城崎の夜は更けてゆくのだった・・・。 

yakei
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。